Cognitive Services を無料で試す Cognitive Services APIs と Bot Framework を組み合わせて、まったく新しいレベルでユーザーとつながりましょう。貴社のブランドを具体化し、 顧客の重要な問い合わせに対応したり、必要に応じて人間のオペレーターにエスカレートし

Cognitive Services のディレクトリ · Microsoft Azure · Microsoft Azure

Azure.com で無料試用版として提供されている統合型のSpeech Servicesです。1 か月あたり 5,000 トランザクション (1 分あたり 20 回)。試用キーは 30 日経過すると期限切れになりますが、その後、Azure portal で Cognitive Services アカウントを作成できます。

ディレクトリ ページで視覚、音声、言語、および 検索関連の API も含めた Cognitive Services の一覧を確認できます。説明と無料のプレビューで Cognitive Services の詳細をご確認ください。

Azure Cognitive Services の概要と、さまざまな API を使用してインテリジェントなアプリを作成する方法について説明します。 Cognitive Services と機械学習 Azure Cognitive Services が機械学習用の他の Azure サービスに適合する部分につい

「AIの民主化」、全エンジニアがAIを活用する時代を迎えようとしている。多彩なAIサービスをWeb API形式で提供するCognitive Servicesでは何ができるの

Feb 08, 2019 · Speech Services は、低コストで簡単に使い始めることができます。Getting started with the Speech Services is easy and affordable. 30 日間の無料試用版でサービスの機能を確認し、アプリケーションのニーズに適しているかどうかを判断でき

Microsoft Cognitive Services 使用条件 ご使用の無料試用版のサービス条件をご確認ください。 この無料試用版の使用には、 オンライン サービス条件 が組み込まれた マイクロソフト オンライン サブスクリプション契約 が適用されることに同意します。

Microsoft Cognitive Services 使用条件 ご使用の無料試用版のサービス条件をご確認ください。 この無料試用版の使用には、 オンライン サービス条件 が組み込まれた マイクロソフト オンライン サブスクリプション契約 が適用されることに同意します。

Cognitive Services スマートな API 機能を追加して状況に合ったやり取りを実現する; Azure Bot Service オンデマンドにスケーリングできるインテリジェントなサーバーレス ボット サービス; Azure Databricks 迅速、簡単で協調型の Apache Spark ベースの分析プラットフォーム

Microsoft Azure Key Vault を使用すると、クラウド アプリおよびサービスが使用する暗号化キーおよびその他の秘密情報をセキュリティ保護できます。今すぐお試しください。

Microsoft Cognitive Services(マイクロソフト認知サービスAPI)で利用できる機能を簡単にまとめました。 コグニティブってなに? というかたもいると思いますので、簡単に説明するとAI技術をつかって「モノ・コトを認識させる」(認知)の技術です。

Cognitive Services を活用するための初歩的な考え方から、実際に構築されたアプリケーションのデモまでを行います。 19時スタートのセミナーですので、お気軽にご参加ください。 セミナー参加費:無料 申込み期間:1月28日(月)~2月25日(月)

Cognitive Servicesとは、今までMicrosoftが集めたデータを基に人工知能が文字や音声、画像・映像を認識したり、次の文字や動きを予測したり、判断するサービスです。 サービスの種類がVision、Speech、Language、Knowledge、Searchの5種類あります。 Azure Cognitive Servicesの

2018年末、Microsoft Azureの「Cognitive Services」の一部機能がDockerコンテナとして利用可能になった。現在はまだプレビューだが、ローカルで動作させる

Windows 10、Windows 10 Mobile、Windows 10 Team (Surface Hub) 向けの Microsoft Store からこのアプリをダウンロードします。スクリーンショットを確認し、最新のカスタマー レビューを読んで、Cognitive Services Demos の評価を比較してください。

Cognitive Servicesの概要についてはde: @ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。

Cognitive Services の基本的な使い方から、画像解析、翻訳、bot 等の API の利用方法まで、実際にプログラムから利用する方法を習得することを目的とたハンズオンセミナーです。

Cognitive Services は無料試用することができ、サブスクリプション申込を行って Subscription Key を取得して、各 API を呼び出すときにバインドして利用します。(それぞれの API ごとに申し込みが必要です。) 現在、サブスクリプション申込の方法が2つあります。

Microsoft Cognitive Servicesの概要【第10回】米Microsoftが開発し提供するクラウドサービスである「Microsoft Azure」(以下、Azure)の全体像に迫る本連載。前回はクラウドならではのサービスの代表格である機械学習(Machine Learning:ML)について解説した。

Cognitive Services Labs. Labs provides developers with an early look at emerging Cognitive Services technologies. Early adopters who do not need market-ready technology can discover, try and provide feedback on new Cognitive Services technologies before they are generally available.

ディープラーニングもサービス化! Cognitive Services とは? 2017/12/6 Cognitive Services. Cognitive Services とは、目的別に用意されたディープラーニングでの学習モデル群。今までだと、機械学習(Azure 記事を読む

AmazonでFIXER, 大澤 文孝, 千賀 大司, 山本 和貴, ‎日本マイクロソフトのさわってわかるクラウドAI Microsoft Cognitive Services実践ガイド。アマゾンならポイント還元本が多数。FIXER, 大澤 文孝, 千賀 大司, 山本 和貴, ‎日本マイクロソフト作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。

Microsoft Cognitive Services は、2016年3月に発表された Azure のサービスで、画像や音声の認識、自然言語の理解といった人間の認知機能をアプリに取り込めるようにするためのAPI群として提供される。

今回のBuildでの発表にMicrosoft Cognitive Servicesがありました。 要するに、視覚、聴覚、声といった、人間の自然なコミュニケーション手段による操作を可能にするインテリジェントな22個のAPI群とのこ

はじめに. 本記事では、Microsoft Cognitive Servicesの機能であるText Analytics API、Content Moderatorを紹介します。ユーザの口コミ情報をスコアづけする、投稿の中の不適切な言葉を監視するといった要件に人工知能APIを利用できないかと思い調べてみました。

Cognitive Servicesの翻訳APIについて. Cognitive Servicesの翻訳APIは、もともと「Microsoft Translator」というサービスだったものがCognitive Servicesに統合されたもので、「Translator Text API」と「Translator Speech API」の2つのAPIが展開されています。

このAIの民主化の発展の一端を担うのが、Microsoft Cognitive Services です。Microsoft Cognitive Services は、開発者に機械学習の知識がまったくなくても、感情検知や画像認識、音声認識、自然言語理解などの機能をアプリケーションに追加できる、25種のツールから

Microsoft Cognitive Services 次のページで、 Microsoft Cognitive Services の一部のサービスを無料試用できます。 Cognitive Services を試す

Microsoft Cognitive Services APIを使って何か作ろうと思っている人向け。 このAPI群は色々あって、そもそも何ができるのか把握が大変でスコープを絞りづらいので(超)ざっとまとめた。 Images: 30K calls per month. Video (uploads): 300 per

Microsoft Cognitive Servicesの概要【第10回】米Microsoftが開発し提供するクラウドサービスである「Microsoft Azure」(以下、Azure)の全体像に迫る本連載。前回はクラウドならではのサービスの代表格である機械学習(Machine Learning:ML)について解説した。

こんにちは。メガネ成分99%配合の「ほぼメガネ」です。 1%がどんな成分かは自分も知らないですが。 さて、Cognitive Servicesですが、登場してから約1年半がたちました。 数多くのメディアでも紹介され、私も参加しているCogbot勉強会もほぼ毎月開催していることもあり、徐々にいろいろとやってみ

その中で紹介した「お問合せメール対応を効率化(Cognitive Services × Logic Apps)」という、Cognitive Servicesを使って業務改善を考える方法をお話したので、どういった仕組みになってるか&ポイントなどをまとめておきます! Continue reading »

2018年末、Microsoft Azureの「Cognitive Services」の一部機能がDockerコンテナとして利用可能になった。現在はまだプレビューだが、ローカルで動作させる

認知機能を Web API 経由で利用できる “人工知能パーツ” である Cognitive Services についての勉強会です。 Cognitive Services とは Microsoft Cognitive Services は 画像、文章、言語、情報を処理する機能を API 経由で利用できるサービスです。 Cognitive Services の一つである Emotion API では、画像を分析して人間の

Cognitive Servicesとは Cognitive Servicesとは多様なクラウドサービスをもつMicrosoft Azureのサービスの1つであり、AIの機能をWeb APIを通して簡単に利用することができるサービスです。 視覚/音声/知識/検索/言語と言った多様なサービスを手軽に利用できます。

前回(Azure Cognitive Services がノンコーディングでデモできます!(Intelligent Kiosk) – 5月の青い空)の続きです。 さて、Intelligent Kioskが立ち上がりましたので、様々なAIのデモができるようになりました。 しかし、API Keyを登録しないと各種デモが動き

さて、前回はCognitive ServicesのFace APIの登録までを行いました。 今回は実際にFace APIを使って、いろいろと遊んでみようと思います。 サンプルプロジェクトの用意. まず、Face APIを使うためのサンプルプロジェクトを用意します。

次に、検索用のフィールドに「cogni」くらいまで入力すると Cognitive Services APIsが表示されるのでこれを選択します。選択すると、Cognitive Services APIが表示されるので再度選択します。 個人で少し試す分には無料ないし少額で済みそうですね。

Cognitive Services APIの1つである「Computer Vision API」コネクターがついにLogicAppsで公開されました! これまではComputer Vision APIのOCR (光学式文字認識:画像に含まれる文字列をテキストデータとして抽出) 機能を利用するにはプログラミングが必須だったのですが、このコネクターを利用する

A face rectangle to specify the target face to be added into the face list, in the format of “targetFace=left,top,width,height”. E.g. “targetFace=10,10,100,100”.