この3年ほど、身軽に生きることを実践してきた。 シンプルミニマムな暮らしをするため、 身の回りの品も大量に処分した。 最初は持ち物を減らすだけからスタートしたのが、 どんどん発展して今では自宅すら持たずに 各国を転々とすることになった。

無重力人生とは、身軽に生きること。 身軽に生きると決めたわたしが、「これはいらないな」と捨てた、3つの固定概念 を紹介します。 身軽に生きるために捨てた3つの固定概念. ストレスを出来るだけ感じない環境にするためには、身軽である必要があり

Author: 109976462740409

身軽に生きるために、解決策(知識や知恵)はたくさん持っていたほうがよいかも。 いらない物をできるだけ捨てたり減らしたりすれば、見た目がすっきりして、掃除や物の管理がラクになることは確かで

顧客満足度全国1位を獲得するも『身軽に生きる』ため地元に帰省。現在38歳。病をほぼ克服し、妻と3人の男の子のため『お金と時間の自由』を目指しブログ開始。『身軽に、自由に、楽しい家族』をテーマに30代の生き方を発信していきますッ

身軽に生きるためのコツは 持ち物は全て現役であること 少なくてもどれも気に入っているものに満たされる 心、嗜好、生活の変化に合わせ、常に今の自分を基準にする 部屋は自分を映し出す鏡 モノを買う瞬間より出会うまでの工程を楽しむ モノが多すぎ

快適に得られる、身軽に生きる自由を楽しみたいと. いまは心底思ってますね。 だって 人生は旅ですから^^ なにがあれば快適に生きられるかをいつも考えて それを暮らしのヒントにして生きていきたいですよね。 究極のシンプル。

目標は「身軽に生きる」 「身軽になる」「身軽に生きる」「身軽な生活」 どれでもいいのですが、身軽になることを最終目標にしています。 目標のために必要な”要素”と行動 身軽になるために必要だとあげたのが、次の8項目。

「モノを減らして身軽に生きる」 これは良く聞くフレーズだけど、そもそも「身軽に生きる」とは何でしょうか? その答えとして「概念を無くす」がしっくりきました。 「所有」せずに「利用」することが、 お金や時間、空間や管理などの概念を解き放ち、 より自由な生活やワークスタイル

前回の記事では、身軽で自由に生きるため、効率を上げるために導入したことをまとめた。 この記事では、自由で身軽に生きるため、効率を上げるために、これから導入したいことについて。 中にはすでに導入しつつあるものもあるけれど(笑) 効率性を上げれば、その分時間ができる。

less is more 自由に生きるために、幸せについて考えてみた。 最新作ではもう一歩踏み込んで、 自分にとってベストな生き方や働き方を考えて それを手に入れる為には何を捨てるべきなのか? 私も改めて考えさせられました。

less is more 自由に生きるために、幸せについて考えてみた。 最新作ではもう一歩踏み込んで、 自分にとってベストな生き方や働き方を考えて それを手に入れる為には何を捨てるべきなのか? 私も改めて考えさせられました。

Click to view3:33

Nov 22, 2018 · 行動や意識として「しない」「やらない」と決めていることがあります。身軽な人生を生きるために、生活をよりシンプルにするために、より

Author: Minimalist Takeru

より身軽に生きるためのちょっとしたネタ集 ☆もっと自由に☆ | より身軽に生きるためのちょっとしたネタ集 ほぼ手間ナシでとてつもなくおいしい。

矢作直樹「身軽に生きる」 ちょっと冷たいなと感じる方もいらっしゃると思いますが、お互いの自由度を奪わないためにも、ある程度、必要な感情なのです。

車通勤のため天候に左右されることなく履物を選択できていました。 車を所有していない現在は、徒歩または公共交通機関を利用することがほとんどです。 通勤時も天候に合わせた履物選びが必要になってきます。 身軽に生きる.

また、管理するものを減らすためにこれから導入したいこともあるので、それも近々記事としてまとめたいと思う。(本当はこの記事に書こうとしたんだけど長すぎたので) 管理するものは減らし、効率よく身軽でラクに生きるべし♪

1歩ずつ、ミニマリストへ ~重荷を手放して身軽に生きる~20分で読めるシリーズ 自分を休ませる練習 しなやかに生きるためのマインドフルネス

itaさんのブログテーマ、「身軽に生きる」の記事一覧ページです。

最近引っ越しするための物件を見ているのですが、 そんな時に「ヤドカリ」のことを考えていました。 ヤドカリって読んで字のごとく「宿借り」ですよね。 外敵から身を守るために貝をすみかにして生きる生き物。 貝がなければ単なるカニ

本と生きる風景―旅する書評家の視点― 「荷物も心も身軽に生きる。 、旅の荷物や心の重荷も思い切って捨ててしまうことが、余計なことを考えずに自然体で生きるための第一条件になるのでは、と感じ

矢作直樹「身軽に生きる」 ちょっと冷たいなと感じる方もいらっしゃると思いますが、お互いの自由度を奪わないためにも、ある程度、必要な感情なのです。

素の自分で生きると決めてから、嘘のように生きやすくなった。 たまに顔を合わせて、昨日も会ったみたいに話せる友人が数人いれば十分。 就活はいらない. わたしは就活が大大大嫌いです。 早くなくなればいいなといつも思ってる。

身軽になるために必要なこと ①モノを減らす②タフな身体をつくる③良好な人間関係を築く④時間と空間のゆとりをもつ⑤行動力をあげる⑥柔軟な思考を持つ⑦経済的余裕をつくる⑧自分で判断する力を持つ#身軽な生活 — みそぎ